メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH
SPECIAL EDITION
ネイルブラシのお手入れ方法

筆を長く使うためには

ここで紹介する筆おろしやお手入れは、お手持ちの道具を用いたとても簡単な方法です。正しいお手入れで、ブルーシュのネイルブラシを末永くご愛用下さい。

メイクブラシはコチラ
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH
ジャンル選択
アート筆、スカルプチュア筆、ジェル筆共通
糊をとる
穂先は、形が崩れないように糊で固めています。指の腹部分でやさしくほぐすと白い粉(※固まった糊)が出てくるので、穂の先端をはじくようにして粉を飛ばして下さい。これを粉が出なくなるまで続けます。 その後、下記の方法で筆をおろして下さい。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH
アクリル絵具を使用する筆の場合
穂先を水ですすぎ、余分な水分をペーパータオルなどで拭き取ってからご使用下さい。
スカルプチュア筆の場合
1
1
リキッドで糊を落とす
ダッペンディッシュにリキッドを注ぎ、穂先を軽くすすぎます。余分なリキッドをダッペンディッシュの縁で落とすようにしながら、残っている糊を一緒に洗い落として下さい。リキッドの色が変わる場合は、何度かこの作業を繰り返します。
穂先を強く押さえ過ぎて、容器の底で擦らないようにご注意下さい。毛が切れたり、くせ毛になる原因となります。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH

2
2
毛の形を整える
水分を取り過ぎないように気をつけながら、ペーパータオルで穂先の形を整えます。すすぎに使ったリキッドは捨てて下さい。
リキッドが浸透しにくい場合は、しばらくリキッドに浸してから穂先を整える作業を繰り返して下さい。次第になじんできます。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH
ジェル筆の場合
1
1
ジェルブラシクリーナーで糊を落とす
ダッペンディッシュにジェルブラシクリーナーを注ぎ、穂先を軽くすすぎます。穂先に付いたクリーナーはペーパータオルでやさしく拭き取って下さい。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH

2
2
クリアジェルを筆になじませる
穂先に少量のクリアジェルを付けてなじませ、余分に付いたジェルをペーパータオルで拭き取ります。穂先の形を整え、光が当たらないようにブルーシュブラシキャップを装着して保管して下さい。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH
アクリル絵具を使用した筆の場合
1
1
こまめに水洗いする
穂先に付いた絵具をペーパータオルなどで拭き取り、毛の根元まできれいに水洗いして下さい。
使っているうちに、絵具が毛の根元の金具部分に入り込む事があります。そのまま放置すると、根元に残った絵具が固まり、毛が根元から開いてしまう等の原因となりますので、使用中はこまめに水洗いをして下さい。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH

2
2
使用後は石鹸で手洗い
石鹸を手でよく泡立て、手のひらに筆を軽く押しあてて前後に動かします。
筆専用のクリーナーやハンドソープを使用して洗う事も可能です。
毛の根元を指の腹でつまみ、やさしく揉みほぐすようにして、毛の根元まで泡立てた石鹸を浸透させます。
水ですすぎ洗いします。これを、色が出なくなるまで繰り返して下さい。
ペーパータオルなどで余分な水分を拭き取り、穂先の形を整えて、自然乾燥させて保管して下さい。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH

筆を水に浸けたまま放置しないで下さい
筆洗器などの底に穂先がついたまま放置すると、穂先にクセがついたり、毛が傷む原因となります。

穂先にクセがついてしまったら...
ある程度のクセがついた場合や、毛先が跳ねている場合、熱湯に数秒間つける事で元に戻ります。熱湯に2・3秒間つけた後、穂先の形を整えて自然乾燥をさせて下さい。
ひどくクセが付いたものや、毛がカールしているものは元に戻りませんので、新しい筆に交換して下さい。
コリンスキーなどの天然毛は熱に弱いため、熱湯に浸けると毛が傷んでしまうので避けて下さい。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH
スカルプチュア筆の場合
1
1
こまめに洗浄する
毛先についたミクスチャーは、リキッドでこまめに洗い落として下さい。
ミクスチャーがついたまま放置すると、すぐに固まってしまいます。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH

2
2
穂先を整えて保管する
ペーパータオルなどでリキッドを軽く拭き取り、穂先の形を整えてブラシキャップを装着して保管して下さい。
穂先の形を整えずに保管すると、乾いたあと毛先が開いてしまいバサバサの状態になってしまいます。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH

ミクスチャーが固まってしまったら...
毛先についたミクスチャーがガチガチに固まってしまったら、「ブルーシュ ブラシクリーナー」を使って固まったミクスチャーを取り除いて下さい。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH

b-r-s Brush Cleaner
ブルーシュ ブラシクリーナー
アクリル専用の水溶性タイプのブラシクリーナー(剥離剤)です。アクリル絵具やミクスチャーで固まったブラシをほぐしたり、ベタつきを取り除く効果があります。
ナイロンなどの化学繊維製の筆を長時間浸けると、毛が傷む可能性があります。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH
組成: 二塩基酸エステル、グリコール類 内容量: 120ml

ご使用方法

クリーナーを入れた容器に、穂先が底に着かないように割り箸などで固定させて、約30分間浸けおきます。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH

固くなった筆に使用する際は、穂先にクリーナーをたっぷりとつけてアルミホイルで包み、絵具やミクスチャーが柔らかくなるまで置きます。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH

柔らかくなっていたら、布等で絵具やミクスチャーを取り除きます。
一度で取り除けない場合は、②、③を繰り返し行なって下さい。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH

穂先を水で十分に洗い流して下さい。
天然毛は熱に弱く温度によっては毛が曲がってしまう事がある為、お湯の使用は避けて下さい。リキッドの含みも一時的に悪くなってしまいます。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH
ジェル筆の場合
1
1
こまめにジェルを拭き取る
使用中、筆についている余分なジェルは、ペーパータオルの上で穂先を滑らせるようにして、こまめに拭き取って下さい。

2
2
使用後はジェルを少し残すようにして拭き取る
使用後は穂先をペーパータオルの間に挟み、やさしく絞り出すようにしてジェルを拭き取ります。
穂先に少しのジェルが残っていると、次に使用する際に扱いやすくなります。また、まとまりやすいのでブラシキャップに装着しやすく、毛のパサつきを防ぐ事もできます。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH
カラージェルやラメ粉が取れにくい場合は...
ダッペンディッシュに少量のクリアジェルを入れ、その中ですすぐようにして洗い落として下さい。

3
3
ブラシキャップを装着して保管する
穂先の形を整え、光が当たらないように必ずブラシキャップを装着して保管して下さい。
日光や蛍光灯に当たるだけでも、ジェルが付着したブラシは固まってしまうのでご注意下さい。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH

b-r-s Brush Cap
ブルーシュ ブラシキャップ全7色
穂先をしっかりと保護する、軽くて丈夫なブラシキャップです。持ち運びの際の毛先の変形や、他のアイテムにリキッドが付着するのを防ぎます。ほぼ全てのブルーシュブラシにお使い頂けます。
310 ファン、709 マーブルライナー 以外
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH
材質:アルミニウム
全長:約95mm/外径:約10 mm
全7色:シルバー/ブルー/ グリーン/ピンク/ゴールド/パープル/ブラック

購入時の透明キャップの継続使用はしないで下さい

お買い上げの際に付いている透明のキャップは、お手元に届くまでの簡易包装のものです。筆をおろした後は使用しないで下さい。
穂先についたリキッドと反応して溶けたり、毛を巻き込む事があります。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH

ブラシの保管方法

毛先を保護するためにブラシに合ったキャップを装着して、筆先を下に向けてブラシスタンドなどに立てて保管して下さい。
メイクブラシ・ネイルブラシのOEM、卸販売|USUI BRUSH
MENU
BUSINESS INDEX