特別座談会

SPECIAL DISCUSSION #4

1 2 3 4 5 6


触り心地が良いブルーシュは気持ちを伝えるのに最適
森川丈二氏×重見幸江氏×弊社スタッフの特別座談会 #4


三島:

ブルーシュの第一印象はどのようなものでしたか?

重見:

最初は、ブルーシュの既存のものをセットでいただいたんです。毛先を触ってみて、毛質の良さを真っ先に感じました。あと、私はこの三角軸がとっても気に入っています。最初に見たときのインパクトもありましたね。「これは人間工学とかそういうので計算されて作ったのかしら」と思ったりして(笑)。なんだかとても感動のある出会いでした。

森川:

見た目で、「これはちょっと使いにくいかも」と感じた筆も、実際使ってみると使いやすい。そういう良い意味でのギャップがたくさんありました。

重見:

大抵はこういうセットって、これはいいけど、これは絶対使わないな、っていうのがあるんですが、ブルーシュにはそれがなかったんです。

森川:

そして、サンプルが送られてくる度にどんどん改良されていったのが、パウダーの含み具合でした。これは今後、ブルーシュの大きな特長になってくる部分だと思いますよ。実際にパウダーを使って、肌への広がりを見てもらうとすぐに分かります。

重見:

キレイにふわーっとフォギーな質感になり、触った感じも気持ちいい。それを見たらみんな使ってみたいって思うはずです。

三島:

ブルーシュを立ち上げてやっていく中で、「これいいよね」とか、「悪いよね」っていう漠然とした評価はよく耳にしたんですが、「これがこうだからこういい」って言っていただけるのはなかなかなくて…。僕らからすれば今まさに感動です。実は、社内の意見で判断してきたことが多くて、「これはいいものだ」という作り手側の勝手な先入観があるんじゃないかと心配していたんです。

森川:

そこは自信を持っていいところだと思います。メイクアップの筆は、大きく2種類にすみ分けができると思うんです。直接肌に触れるものだから、作業のしやすさだけでは選べないのですが、特に大きなものほど、肌に触れたときの気持ちよさが大切。そして細かいものは、目を閉じていたりして、あんまり分からないと思うので、よりツールに近い気がします。ブルーシュは、そのどちらの分野も満足の仕上がりなんです。例えばこの大きな筆は、肌触りが良いので、使っている僕の気持ちも上がるんです。これを使うときは、いつも以上に、ふわーってやってると思いますよ。そうすると、その思いが筆にのって、モデルさんにも伝わるものなんです。

重見:

そういう意味で、化粧行為って素晴らしくって…。こちらの気持ちが伝われば、自然に相手の表情が美しく変化してくる! だから絶対に気持ちをこめないとできない仕事。言霊じゃないですけど、私たちはメイクアップすることによって、技術だけでなく気持ちも伝えていて…。だから私たちの手の代わりとなり、直に伝えてくれる筆はとても大切な相棒なんです。ブルーシュって、触り心地がソフトで、気持ちを伝えるのに適した筆だと思います。

続きを見る

1 2 3 4 5 6


ADVISER & STAFF


森川丈二

もりかわじょうじ
1988年(株)資生堂へ入社。数多くのTVCF、広告のへアメイクを手掛け、同時に「MASA」のメンバーとしてPARIS・NY・東京コレクションでのヘアメイクやヘアショー、セミナーなどの活動を国内外で担当。
1996年には、JHA(ジャパン・へアドレッシング・アワード)最年少グランプリ受賞。
さらに最優秀ロンドン賞2回・準グランプリ2回など数々の受賞暦を持つ。2006年4月、原宿に「gem(ジェム)」をオープンし、Hair&Makeupとして雑誌・広告・TVCF・SHOW・セミナーなどの仕事と共にサロンワークでも活動中。
ナチュラルからクリエイティブまで、他に類を見ないクリエーション力を発揮し、国内外の幅広い分野で活躍中。

重見幸江

しげみゆきえ
1988年(株)資生堂へ入社。広告・TVCF・雑誌などのヘアメイクやPARIS・東京コレクションにて数多くのメゾンを担当。
ピエヌやフフなど資生堂を代表するブランドのカラークリエーション、メイクアップソフト開発なども担当。その他 「メーキャップ理論」の構築などソフト研究・開発にも携わる。また、「MASA」のクリエーションメンバーとして活動し、1999年JHA(ジャパン・へアドレッシング・アワード)優秀新人賞を受賞するなどメイクアップだけでなくヘアテクニックの評価も高い。
2004年に独立。現在は「gem」の主宰としてTVCFや広告、ファッション誌を中心に国内外で幅広く活動し、数多くの女優やモデルから支持されている。

USUI BRUSH株式会社 製造部資材課

箕浦透

みのうらとおる
入社後、穂先の製造を担当した後、3年間スリランカ工場で整毛に携わる。1996年に帰国し、現在は毛の仕入れを担当。ブルーシュでは、品質管理、製造の責任者として商品開発の際のサンプル作りを行った。

USUI BRUSH株式会社 国内営業部

三島健一朗

みしまけんいちろう
入社とほぼ同時にネイルブラシの企画営業を担当。以来、画筆・ネイル・メイクなど数多くの商品企画、営業を行う。ブルーシュには立ち上げの段階から携わり、素材・カラー・ロゴ・デザインなどの企画に参加。
BUSINESS INDEX